中年に腰痛が多い理由

症状の原因と治療法について考察

中年に腰痛が多い理由







早い段階に処置を受けましょう

中年に腰痛が多い理由は体力不足、運動不足、肥満、腰椎の老化などが関係しているようです。人間は直立歩行をするので、脊柱が湾曲した格好になったために傾いた骨盤に背骨が乗るという構造になっています。

Last Update 

ツボ特集

人間のこの構造は腹筋や腰・背筋がバランスよく腰骨を支えていないと腰痛や背骨の痛みなど様々な痛みを伴うことになります。

最近、話題の中年によくみられるメタボでは腰周りや内臓に脂肪がついて、筋肉や血行に負担をかえるために腰痛を引き起こします。

またデスクワークがメインで運動不足気味の中年は、背骨や腰骨を支える筋肉が減ってしまうため、骨に負担がかかり腰痛を引き起こすのです。

中年に腰痛が多い理由では他に変形性脊椎症(腰痛症)があります。

「四十腰」とも呼ばれるもので、椎間板の老化が進みクッションとしての機能が衰え余分な動きやずれが生じるため、椎体の縁が変形してトゲ状の突起が生じ、神経の出口を刺激し慢性的な腰痛が起こるようになるのです。

変形性脊椎症などは、腰痛整体などではかえって痛みが増すことのほうが多いので、整形外科で消炎鎮痛剤を処方してもらうか、慢性的な痛みが強い場合には神経ブロック注射などの処置をしてもらうことをお勧めします。



耳鳴りやメニエール
四十肩と整体
中高年の腰痛
腱鞘炎の克服
頭痛
改善プログラム


Copyright© 耳鳴りやメニエール病は早めの受診を! - 腰痛. All rights reserved.