四十肩の整体と五十肩の整体

症状の原因と治療法について考察

五十肩の整体







早い段階で治療院で処置を受けましょう

五十肩の整体治療は、痛みの状態や症状に応じて肩・腕に整体を行うのか、腕や肩に触れずに整体を行うのか見極めて治療を行います。

五十肩には、いくつかの症状によるポイントがあります。

Last Update 

ツボ特集

炎症期は肩や腕に激しい痛みがあるので整体による矯正はあまり向きません。痛みがあるときに治療をしても効果は得られません。

炎症期には、休むときの姿勢の指導や、アイシングなどが中心になります。安静にしていても、腕や肩に激しい痛みがあるときを、慢性期といいます。この時期は、整形外科と整体の併用が効果的だと思います。

慢性期は整体治療がもっとも効果的な時期です。この時期は、動かさなければ痛みはないが、動かすとビリッときたりします。

この時期は、経験豊富な整体師に整体をしてもらうとさらに効果的です。

痛み止めの注射や飲み薬で、肩腕の激痛が治まったが、一定以上動かすとビリッとした痛みが来る時期です。

また、痛みは無いが腕や肩が動かなかったり、上がらない場合の整体治療は可動域訓練のための柔軟操作が中心になります。

関節を柔らかくしながら行います。

五十肩の整体治療のポイントは、どの時期にどの治療を、どこにするかがとても重要です。状態に応じた整体治療を行う事が重要なポイントです。



耳鳴りやメニエール
四十肩と整体
中高年の腰痛
腱鞘炎の克服
頭痛
改善プログラム


Copyright© 耳鳴りやメニエール病は早めの受診を! - 四十肩. All rights reserved.